RSS | ATOM | SEARCH
毎月売上があがる会員カードの作りかた - カードに「システム」をプラス

JUGEMテーマ:売上が上がる「会員カード」「会員証」の活用法

 

「会員カード」を発行するだけでも、毎月売上をあげていくことが

できますが、さらに、「システム」をプラスすることで、

  「より、簡単に」、「より効果的」に

           売上をあげていくことができます。

  

今回のテーマは、『カードに「システム」をプラス』

 

 

  ポイントカードシステム ネッピー

  

  システムの導入をおすすめする理由は、3つあります。

  

 (1)毎月の売上を上げるために、システムを使います。

  
     カードを作ったけれど、一度も音沙汰がないお店、
       こういうお店は、カードが活用できていないお店です。

       

           集めたお客様のデータを活用できていないお店が多いのです。
     システムがないと、あなたが頑張らないと何もできません。
       何もできなければ、もちろん、売上も上がりません。
    
     システムがあると、
       あなたが頑張らなくてもできることが、たくさんあります。
          もちろん、毎月、売上もあがってきます。
      

    想像してみてください。 お客様の情報を活用する場面を。

     
    例えば、メールを送ることも、システムがないと簡単にはできません。 

   

    お誕生日やメモリアルデーなど、メールで事前にお知らせすることで、
    スマートに、来店を促すことができます。
   
   「会員カード」を使って、成果を上げているお店は、
    タイムリーにふれあうこと、つながることで、お客様の来店を増やす
    ことができることをご存じです。
   
   「会員カード」は、お客様情報を得るための「手段」として、発行
    します。
    目的は、「お客様とつながること」、「お客様とふれあうこと」です。
     
    せっかく集めた「お客様の情報」ですので、来店を促すために、
    毎月、売上があがるように、システムを使います。
   
          システムでは、お客様の来店を促すためのメニューが提供されます。
    メニューを選ぶだけの操作なら、簡単ですね。     
   

 (2)定型的な仕事を自動化することで、簡単にできるようにします。

        

    毎日の実績の管理やお客様ごとの売上管理、

    毎月やらなければ、いけない「定型的な業務(作業)、 

    お客様へのお誕生日やハッピーデーの告知など、

   ともすれば、後回しになりがちの作業を

               システムが手助けしてくれます。

        

    また、「毎月売上をあげるための行動<アクション>」、

   「やるべきこと(仕事)」や「手順」を ルール化することで、

    経営課題を解決することができます。

       
    思いついた時だけに、何かをするのではなく、
    毎日、あるいは毎週、やるべき仕事が、明確になり、
    それを実行することで、確かな成果を得ることができます。       
      
    「システム」は、
    あなたが頑張らなくてもできるようにするのが、役割です。   
      一人頑張っておられる経営者のあなたを応援する道具です。
          
                

 (3)お客様の情報を適切に管理することができます。

     1)直近のご来店日

     2)累計売上金額

     3)累計来店回数

     4)メールアドレス

     5)ご住所

     6)ご登録日(ご入会日)

     7)お誕生日

     8)メモリアルデー

     など、お客様の情報は多岐にわたります。

          

   この中でも、重要なのが、「メールアドレス」と、

   「直近のご来店日 「累計売上金額」「累計来店回数」です。

        

   「メールアドレス」は、お客様とのコミュニケーションに

    今や、欠かせない情報になっています。

             

   また、3つのデータは、

   あなたのお店の大切なお客様を見つけるために必要な情報ですが、

   常に変動していく情報ですので、

   台帳に記載して、管理することがむずかしいものです。

       

   どのお店も「ポイントカード」や「会員カード」を発行されるのは、

   失くしてはいけない、あなたのお店の大切なお客様、
           重要顧客を見つけるために発行されています。
         
   ノートなどで、管理しているお客様情報の場合は、
    固定のお客様情報になりがちです。
           
   わたくしの家に届くDMには、
   20年以上前に一度買ったきりのお店、洋服店様から未だに、DMが
   届きます。
           
   ある意味、立派とも言えますが、
   お客様の購入履歴が把握できていないと、関心のなくなった
   お客様にも、無用のDMを送ることになります。
   メールなら、費用の負担が小さいものですが、封書やハガキで
   届きますので、ムダに費用をかけていると心配してしまいます。
      
  

 「会員カード」を作りたいと思っていらっしゃるあなた、

    「会員カード」を発行されているあなた、

   

  まだ、システムをお使いでないなら、

    お気軽に、IDカード・ラボにご相談ください。

  

 ------------------------------------------------------------

 わたくしども、IDカード・ラボでは、 

 専門店様、サロン様、個人商店様向けに

 

 ポイントが貯まりにくいお店のためのポイントカードシステム

 「ネッピー」

 

 オーダーメードでお作りする「my-P(マイピー)」という

 システムを扱っております。

 

 よろしければ、お気軽にご相談ください。

 

 「永年の懸案が解決できた。」と喜んでいただいているお客様が

 数多くいらっしゃいます。

 

 つぎは、あなた様の番です。

 

------------------------------------------------------------

 IDカード・ラボは、

 「会員カードのアップサイクル」を提案しています。

  ※アップサイクルとは、従来のものに、新たな付加価値を

   加えた活用法、使いかたを提供するという意味です。

 

author:ミスター, category:毎月売上が上がる会員カードのつくり方, 13:41
-, trackbacks(0), - -
Trackback
url: http://enjoycard.jugem.jp/trackback/94