RSS | ATOM | SEARCH
毎月売上があがる会員カードの作りかた -11

JUGEMテーマ:売上が上がる「会員カード」「会員証」の活用法

 

「会員カードは、未来の売上を上げてくれるアイテム<道具>です。」

「どうしたら、未来の売上が上がるのか?」

言いかえれば、「毎月の売上をあげる方法」や「活用法」

「カードのつくり方」などをお伝えしていこうと思います。

  

 

11.「メモリアルデー」のおすすめ

 

IDカード・ラボでは、「メモリアルデー」の制定をおすすめして

います。

 

お店であれば、「創業記念日」や「毎月の記念日」をお祝いします。

ご存じかもしれませんが、
「朔日餅(ついたちもち)」ということで、毎月1日の日だけの
お餅を提供されているのが、伊勢の赤福様です。
 
一日(ついたち)の日、一日だけの限定商品ということで、
 朝早くから行列ができるので有名です。
 
「朔日餅(ついたちもち)」の風習は、赤福様だけのものではなく、
近所のお餅屋さんでも毎月の行事とされています。
   
      朔日餅(ついたちもち)のノボリです。
お客様にも、「メモリアルデー」をご用意することができます。
 
例えば、「結婚記念日」、「お子様の誕生日」、「お孫さんの誕生日」、
など、それぞれ、ご自分の思い入れのある日がありますね。
 
以前、俵万智さんの短歌集のタイトル「サラダ記念日」という言葉が
流行りました。
「この味がいいね。」と、君が言ったから、
  7月6日は、「サラダ記念日だ」というものでした。
 
あなたにとって「特別な日」であれば、いつでも記念日になります。
そんな特別な日をお客様に登録いただいて、一緒にお祝いをされては
いかがでしょうか?
会員申込書に、「あなたの特別な日」という欄を設け、
 「その理由」を添え書きしていただくといいですね。
目的は、あなたのお店をご利用いただく機会をつくること、
 ご利用いただく理由をつくること。
 理由は、なんでもいいわけです。
たとえば、お子様の誕生日や恋人の誕生日、
 難関の試験を突破した日、恋人と初デートをした日、など。
「レストラン」様なら、
 「結婚記念日」をお祝いして差し上げたいですね。
結婚記念日なら、
  「スペシャルメニュー」や「サプライズプレゼント」の
  アイデアがでてきそうですね。
 

毎月、ご来店いただけるお客様が増えていくのが楽しみですね。

------------------------------------------------------------

 IDカード・ラボは、

 「会員カードのアップサイクル」を提案しています。

  ※アップサイクルとは、従来のものに、新たな付加価値を

   加えた活用法、使いかたを提供するという意味です。

 

(続く)

 

 

author:ミスター, category:毎月売上が上がる会員カードのつくり方, 21:18
-, trackbacks(0), - -
Trackback
url: http://enjoycard.jugem.jp/trackback/91