RSS | ATOM | SEARCH
毎月売上があがる会員カードの作りかた -1

JUGEMテーマ:売上が上がる「会員カード」「会員証」の活用法

 

「会員カードは、未来の売上を上げてくれるアイテム<道具>です。」

と、わたくしども、IDカードラボは、言い続けています。

 

「どうしたら、未来の売上が上がるのか?」

言いかえれば、「毎月の売上をあげる方法」や「活用法」

「カードのつくり方」などをお伝えしていこうと思います。

 

1.会員カードには、キャッチコピーをつけましょう。

 

「他のお店と何がちがうの?」

    それを伝えるのが、キャッチコピー

 

「メガネのホームドクター」

   ある眼鏡店様のキャッチコピーです。

 

 http://www.meganekobo-heiandori.com/

 

 眼鏡は日常生活に欠かせないものになっています。

 「安価に売るお店」や「デザインで売るお店」はいろいろありますが、

 「買ったあとのお手入れやメインテナンスに力を入れているお店」は

 多くありません。

 

 「買っていただいた後も、きちんとサポートしていきたい」という

    オーナー様の思いが込められた「キャッチコピー」です。

 

 個人のお店ですので、「ホームドクター」という言葉がぴったりです。

 「お客様にきちんと寄り添っていきたい」とおっしゃっておられました。

 

    メガネのホームドクター

 

 わたくしどもからしますと、「もっと主張してもいい」と思います。

 たとえば、

 『ご家族の「メガネライフ」を「メガネ工房 平安通」にお任せください。』

 という言葉を添えてもと思います。

 

  あなたのカードには、「キャッチコピー」が表記されていますか?

 

 他のお店との違いをお客様に伝えていますか?

 

 ご自分のお店のいいところ、

   わかっているのが「オーナー様」だけでは、意味がありません。

 

 「お客様」に伝わっている、わかっていただいているのであれば、
  きっと、あなたのお店は、繁盛できるお店に違いありません。

------------------------------------------------------------

 IDカード・ラボは、

 「会員カードのアップサイクル」を提案しています。

  ※アップサイクルとは、従来のものに、新たな付加価値を

   加えた活用法、使いかたを提供するという意味です。

 (続く)

author:ミスター, category:毎月売上が上がる会員カードのつくり方, 14:36
-, trackbacks(0), - -
Trackback
url: http://enjoycard.jugem.jp/trackback/81