RSS | ATOM | SEARCH
印刷物の色指定はについて
 印刷業界(プラスチックカードを含む)では、
「DIC(ディック)番号」で「色」の指定をします。

ただし、フルカラーの場合は、CMYKの配合比で色の指定をします。

  ■ウィキペディアの説明は、こちらです。

 看板などの塗料の分野では、「マンセル」や「PANTONE」
 (パントーン)という規格に準じて「色」の指示をします。
  -----------------------------------------------------------

 1)DIC(ディック)番号というのは、インクメーカーである
  「DIC株式会社」が 発行している色見本帳(カラーガイド)
  の色番号です。


 2)「iphone、iPad用」や「Android用」に無料でのアプリが
    用意されています。

  もし、アンドロイドやiphoneをお使いであればお試しください。
  「DICカラーガイド」で検索ができます。

 http://itunes.apple.com/jp/app/karagaido/id405007873?mt=8
 http://www.dic-graphics.co.jp/products/dcguide/android.html

 3)ただし、画面で見る場合には、「モニター」の状況により、
    色合いが変わって見えることがあります。
  「画面での色」は、あくまでも、ご参考としてご利用ください。


 4)自社のコーポレートカラー<企業カラー>をお持ちでなければ、
   この機会に色番号をお決めになることをおすすめします。

  DICカラーガイドでは、「DIC番号」だけでなく、
  オフセット印刷で使用する際のカラー配合比<CMYKの割合>
  を確認することもできますので、便利です。 

  CMYKの配合比から、DIC番号を見つけることもできます。

 5)「色」の指定は、お客様にとりましては、重要な指図の一つと
   なっています。

   印刷物は、多くの作業者の手を経て、作業を進めています。
   
   このため、「伝言ゲーム」のように「最初と最後が食い違う」
   ことにならないための指針となるものであれば、どんなもの
   でも結構です。

   「カラーガイド」がない場合には、
   「チラシ」や「カタログ」の一部など、身近にあるものから
   「色見本」となるものをお送りください。

    現場での作業者が「色調整」をする際の
   「(仕上がり)色見本」として、使用させていただきます。

 6)こちらのホームページでも同様のご案内をしています。
   
   印刷について、いろいろとご案内をしています。


以上、ご参考になれば、幸いです。

プラスチックカード Q&A  http://bit.ly/cEhkJc
メンバーズカード・会員カードをつくるなら IDカード・ラボ
 http://www.idcard.jp
author:ミスター, category:プラスチックカードQ&A, 15:47
-, trackbacks(0), - -
Trackback
url: http://enjoycard.jugem.jp/trackback/77