RSS | ATOM | SEARCH
シルク印刷について - カードの印刷方法(2)
カードの印刷は、「シルク印刷を使って印刷をされる例も多いのが
特長です。

「シルク印刷」を使うのは、つぎの2つの場合に多用されます。

 1)オフセット印刷では、表現できない色を使いたい場合 
 ・・・「金」や「銀」を表現したい場合
     オフセット印刷では、下図のように、「色の濃淡」で    
     表現をします。
     このため、本来の「金、銀」のイメージを表現したい
     場合は、「シルク印刷」で表現します。 
 
    オフセット印刷の金、銀
 
  「銀」であれば、「グレーの濃淡」で、
  「金」であれば、「黄色の濃淡」で表現をします。   
  場合によっては、「星」を加えて、「キラリ感」をつけます。

   オフセット印刷にも「金」、「銀」のインクもありますが、
  「ラメ感」、「光沢感」がないため、使用される例は、多く
  ありません。 

 2)下地の色を強調したい場合
 ・・・特に「濃い色」(黒、赤など原色系)を表現したい場合
    オフセット印刷よりも、シルク印刷の方が、色が鮮やかに
    表現できます。

   ※オフセット印刷は、「アミ点」での印刷ですので、
    濃淡を表現する「グラデーション」が得意ですが、
    単色の「濃い色」を表現するのはやや不得意です。

【シルク印刷の特長】

(1)下の例は、ゴールドカード<シルク印刷>の例です。
    シルク印刷の場合は、「金」のインクを使って表現をします。

    実際には、お客様のロゴマークの他に、会のお名前が入って
    いますが、個人情報保護の意味で、伏字にさせていただきました。
   デザインを損ねてしまいましたが、ご容赦ください。

  ※インクにアルミ粉を混ぜて、「ラメ感(キラキラ感)」を
    加えています。 画像から伝わっていますでしょうか?
gold-sil-60.jpg

(2)下の例は、プラチナカード「シルク印刷」の例です。
    シルク印刷の場合は、「銀」のインクを使って表現をします。

   実際には、お客様のロゴマークの他に、お会社様のお名前が入って
   いますが、個人情報保護の意味で、伏字にさせていただきました。
    デザインを損ねてしまいましたが、ご容赦ください。

  ※インクにアルミ粉を混ぜて、「ラメ感(キラキラ感)」を
    加えています。 画像から伝わっていますでしょうか?
silver-sil-60.jpg
(3)デザインの特長は、下地の色を活かす、シンプルなデザイン
  が多いこと
でしょうか。
  
  オフセット印刷の場合は、「白いカード」が下地の色となりますので、
  その上を埋め尽くすようなデザインとなりがちです。

  これに対して、ゴールドやプラチナ(シルバー)カードの場合は、
  下地の色をできるだけみせる工夫をします

  
(4)また、印刷は、「オフセット印刷」と併用する作りかたとなります。   
   1)下地の色は、「シルク印刷」で、
   2)細かな文字やお会社様名などの部分は、「オフセット」印刷で
     印刷をします。 言わば、混合印刷となります。

  前項の例にあります「金」、「銀」のカードとも「下地」は「シルク
  印刷」で、文字や絵柄は、「オフセット印刷」で作成
しています。

(5)シルク印刷は、主に、「屋外看板」などで、使われている耐久性
   のあるインクを使用して印刷をします。

(6)シルクスクリーンを使って印刷をすることから、「シルク印刷」や
  「スクリーン印刷」と呼ばれています。
 
  最近は、YOUTUBEにいろいろな動画が投稿されています。
  他社様のサイトですが、ご参考になるものがありますので、
  ご覧ください。
  http://www.youtube.com/watch?v=W2iBPgWBK8A

 ※なお上記サイトは、弊社の工場ではありません。
  また、カードは、「1枚ずつ」作成していません。

  あくまでも「シルク印刷」のご参考として、ご案内をしています。

  通常、シルク印刷の場合は、「版画」のように、「刷る色数分
  の版」を作成して、印刷をします。

  したがって、「6色刷り」、「8色刷り」となるものもございます。

(7)最近は、「業務用のインクジェットプリンター」を使って、
   「シルク印刷」をされるところも増えています。

  上戸 彩さんをイメージモデルで使われている洋服屋さんの
  「幟(のぼり)」は、業務用プリンターで印刷されています。

  従来は、屋外で使用される「看板」や「のぼり」などで
  使用されていた「シルク印刷」ですが、最近は、パチンコ台
  やスロットなどのボードにも「シルク印刷」で、印刷をした
  ものが使用されるようになりました。

  パソコンからデータを印刷できることで、従来よりも精細で
  緻密なデザインにも対応できるようになってきたのが
  その理由です。

(8)「オフセット印刷」は、主に「紙」に代表される平板な形状の
   用紙に印刷をします。
   また、インクは4色(4版)を使用して、アミ点を印刷します。

  ※オフセット印刷については、下記サイトをご参照ください。
   http://enjoycard.jugem.jp/?eid=74

  「シルク印刷」は、厚みのあるもの、形のあるものに印刷が
  できます。
  また、インクを盛り上げて印刷をしますので、耐候性にも
  すぐれた印刷方法となっています。

 (完)

プラスチックカード Q&A  http://bit.ly/cEhkJc
メンバーズカード・会員カードをつくるなら IDカード・ラボ
 http://www.idcard.jp

ooo(関連サイト)ooooooooooooooooooo
バーコード ピッピ  
 
「売上と同時に、顧客管理ができるレジスター」 
  パソコンをレジスターとして使います。
  
http://bit.ly/9Y09He   
リピーター様を増やす「3ポイントカード」を販売しています。
 売上アップができる ハッピーカードショップ
  http://happycard.shop-pro.jp/
 
 
 
author:ミスター, category:はじめてカードをつくるなら, 16:22
-, trackbacks(0), - -
Trackback
url: http://enjoycard.jugem.jp/trackback/75