RSS | ATOM | SEARCH
究極のカード作成テクニック「み・つ・きの法則」

カードを作るときの極意は、「み・つ・きの法則」!

お店が繁盛するためには、3つの条件が欠かせません。
私どもでは、「み・つ・きの法則」と呼んでいます。

もちろん、カードを作る時にも、「み・つ・きの法則」が役に立ちます。

=========================
   1)魅せる

=========================

ご来店いただき、お店の様子を見ていただいているお客様には、
「つぎも来てみたい」、「利用してみたい」と、魅力を感じていただかなくては、
2度目のご来店はありません。

あなたのお店の魅力を感じていただくことが一番大切です。

できれば、2つ、3つ、おすすめできるものがあるといいですね。
「また、来たいね。」という来店機会を作ってていただきやすいですから。
---------------------------------------------------------------------

■カードにも魅力がなければ、会員申し込みをしていただけません。

 お客様目線で、「何かしら」魅力を感じとっていただきましょう。

 ・見栄えのいいデザイン、持っていて、カッコいい (デザイン性)
  次も利用したいというお店の魅力がカードにも表現できているでしょうか?

 ・会員特典がある (お得)
  「カードを持ってもいいいな!」と思わせる特典などが ありますか?

 ・人に見せたい、自慢ができる、ステータス感や稀少なカード  など。


---------------------------------------------------------------------

ところで、あなたのお店では、何が一番の人気メニュー、商品でしょうか?

競合する他店との一番の違いはどこにあるのでしょうか?

この機会に、ぜひ、自店の魅力を再確認してみてください。


=========================
   2)伝える
=========================

 

あなたのお店のこだわりや特長は、お客様にきちんと伝わっていますか?
POP(ポップ:商品を告知するもの)などを使って、お客様に伝えていますか?

せっかくのこだわりも、お客様に伝わらなければ、意味がありません。
もっと、お客様にわかりやすく、伝える工夫が大切です。
---------------------------------------------------------------------

■カードは、お客様に直接手渡しできる「ラブレター」です。

 お店の一番のウリ、特長、他店に負けないところ、お店のよいところ、 
 こだわりをカードに表現します。

 すてきな異性に「思い」を伝えることと一緒ですね。

 直接、お客様にメッセ−ジを伝えられる絶好のチャンスです。
 この機会を活かさない手は、ありません。

 ・お店の魅力を「キャッチコピー」でお伝えしましょう。

  お店の魅力を一言で、表現できるといいですね。

  ※専門用語では、USP(ユニーク セリング プロポジション)と言います。
    簡単に言えば、「自社の強み」、「自社の売り」ということです。

 ・カードのデザインにも、こだわりたいですね。
  まだ、お店にいらっしゃったことのない方にもお店のイメージや雰囲気を
  お伝えできるといいですね。


サンプルカード-おもて

---------------------------------------------------------------------
 サンプルカードでは、
  (1)お店のイメージカラー :オレンジを基調としています。
     オレンジは、ビビッドカラー<元気がでてくる色>と言われています。
  (2)お店のキャッチコピーは、
     ご家族の笑顔とパートナーの健康を応援します。
     ・・・ペットをご家族のパートナーとしています。
---------------------------------------------------------------------

  ■IDカードラボの一番の特長は、

  
「3つのNO.1を提供しているカードショップ」です。

   ・カードの種類いろいろ
      ・・・
少ない枚数で作れるカードもございます。

   ・カードの作りかたいろいろ 
      ・・・
自社で、簡単に作れる方法もございます。
         1枚から作れる方法もございます。

   ・カードの使いかた<活用方法>いろいろ
      
・・・パソコンレジ・ポイントカードシステムなど


  ■カードは、「作ることがゴール」では、ありません。
     カードを使って、「お客様の情報を集め」、「活用する」ことで、
     リピータ様を増やし、売上アップができます。

 
  「カードを手配される前のご相談」から「カードの活用法」まで、
   丁寧にご紹介をしております。

   「IDカード・ラボで、カードを作って、よかった!」と
       言っていただけるのが何よりの喜びです。

   「会員カードの活用法をご提供できるカードショップ」は、
   他社様にはない特長です。


=========================
   3)聴く
=========================


「お客様の声をお聞きになったことは、ありますか?」

 あなたのお店のお客様は
  ・どんなことに、満足されているのか?
  ・どこが気に入っているのか?
  ・どんなことにご不満があるのか?
  ・どんなご希望をもっておられるのか?

 こうしたお客様の声は、お店にとっても貴重な情報となります。

 もちろん、お客様とのコミュニケーションを深めるためにも大切な要件
 となります。
---------------------------------------------------------------------

■カードには、お客様からのご連絡先窓口の記載が必要です。

「お客様の声に耳を傾ける」こんな姿勢をお客様に伝えしたいものです。

特に、お客様の声を受ける窓口の電話番号、メールアドレスの記載が
必須です。

お客様がお帰りになった後からでも、声が届くような気遣いがほしいですね。
面と向かっては、言えないことも、メールなら、言い易いですよね。


裏面カード見本

---------------------------------------------------------------------
サンプルでは、

 (1)お客様からのご連絡先が記載されています。

 (2)メールアドレスは、「面と向かっては言いにくいお客様からのご要望
   やご不満の声」を聴きとることができます。

 (3)「◆お困りのこと・・・・」という言葉を添えて、お客様からの声をお聴き
    取りする工夫もしています。
---------------------------------------------------------------------

あなたのお店の魅力を再発見したり、
新しいアイデアやヒントがみつかるかも知れませんね

一番できていないのが、最も重要な要素となる「聴く」ことだと思います。

お客様と永くお付き合いをするとなりますと、
年代や生活環境が移り変わっていくにつれ、お客様の関心も変わってきます。

そうしたお客様の関心にお応えしていくためには、お店も変わっていくことや、
逆に、今のままで変わらないで欲しいということも、求められてきます。

そんな時、お客様の声やご要望が大きな力となることと思います。

---------------------------------------------------------------------

さて、3つのチェックポイントは、いかがでしたか?

一般に、カード屋さん(広く言えば、印刷屋さん)はカードを作るだけ、
しいて言えば、「きれいなカード」、「カッコいいカード」を作ることにしか
関心がありません。

当然ですが、「カードの使い方」や「運用のしかた」は、お客様任せです。

また、大型店で、成果をあげておられるメーカー様では、小さなお店にも
「同じシステムの小型版」を納入されています。 

私どもは、「カード」から「発行システム」まで
  「ソフト」から「システム」まで、深く関わってくる中で、

  「どうしたら、うまく集客ができるのか?」、
  「どうしたら売上が上がるのか?」、

「カードの活用」について、お客様と一緒に悩みながら、向き合って
きました。

その集大成が、「み・つ・きの法則」です。

残念ですが、「み・つ・きの法則」の3つの条件にに当てはまるお店は、
多くありません。

「魅せる」ということには、関心もあり、実践されているお店がたくさん
ございます。

しかしながら、「伝える」、「聴く」ということについては、無関心のお店が
多いようです。

カードについても、同様です。

さて、たかが、「カード」ですが、作り方、使い方によっては、あなたのお店
の大きな戦力となります。

そう考えると、単に、「割引券」だけで、使っていては、もったいないですね。

会員カードをおつくりになるときのご参考になれば、幸いでございます。

   =========================


   「売上アップができるカードの作り方 (奥義編)」  へ

   「売上アップができるカードの作り方 (基本編)」 へ
 
 
   
「売上アップができるお店のヒミツ」へ戻る
 

   =========================

   

       プラスチックカード Q&A へ戻る 



   oooooooooooooooooooooooooooooooooo




メンバーズカード・会員カードをつくるなら 
  IDカード・ラボ

   
http://www.idcard.jp

 
  バーコード ピッピ  
 
「売上と同時に、顧客管理ができるレジスター」 

  パソコンをレジスターとして使います。

   
http://bit.ly/9Y09He

 リピーター様を増やす「3ポイントカード」を販売しています。
  売上アップができる ハッピーカードショップ
 

   http://happycard.shop-pro.jp/

author:ミスター, category:売上アップができるカード活用術, 15:34
-, trackbacks(0), - -
Trackback
url: http://enjoycard.jugem.jp/trackback/49