RSS | ATOM | SEARCH
売上が上がるカードの作り方 (基本編)
ようこそ、いらっしゃいました。  あなたのお越しをお待ちしておりました。

カードをおつくりになられるにあたって、いろいろなサイトをご覧になって
こられたものと思います。

おなたがおつくりになりたいのは、 「会員カード」ですか?
「メンバーズカード」?それとも 「ポイントカード」でしょうか?

このコラムでは、そうしたカードを総称して、「カード」と呼称させていただき
ます。

さて、カードには、「売上があがるカード」「利益を減らすカード」がある
のをご存じでしょうか?
 
--------------------------------------------------------------------
一般に、
カードは、「割引券」、「(自店でだけで、使える)金券」として、
使われています。
--------------------------------------------------------------------
 厳密に言えば、「ポイントを貯めて、利用するお店」と、
 「会員割引」での還元をされているお店の2種類がありますが、
 ここでは、同じ「割引券」と表現しています。 
 --------------------------------------------------------------------

 ‖湘垢箸虜絞眠修しやすく、

 ¬椶妨える形でのサービス 

 ということもあって、多くのお店が、「カード」の導入をされ、
 成果を上げていらっしゃいます。
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  
 ======================================
 カードを「割引券」、「金券」として遣って成功しているお店の例です。
 ======================================

■簡単に言えば、ポイントの貯まりやすいお店やカードです。■

1.毎日のように利用できるお店、おもに最寄り品をお扱いのお店
 (利用頻度の高いお店)
  ・・・コンビニ、スーパー、ドラッグストア様など
 
2.利用できるお店が多いカード
・・・レンタルショップや、ガソリンスタンド、コンビニなどで、共通利用が
  でき、ポイントもいろいろなもので、還元されます。
 
・・・全国チェーンで、利用できる店舗が多いお店
 
3.高額のポイントが貯まりやすいお店
・・・家電の量販店や紳士服チェーン店のように、
  高額ポイントが獲得しやすく、その一方で、貯めたポイントをすぐに
  使えるお店
 
4.ご自分のお気に入りのお店 (ファンショップ)
・・・一般的には、あまり馴染みのないお店でも、趣味性や嗜好性の高い
   商品のお店には熱狂的なファンの方がいらっしゃいます。
 
   言ってみれば、「ファンクラブ」というイメージです。
   「お店に入りびたり」のお客様が大勢いらっしゃる、そんなお店です。
 
・・・バイクショップやブティック様など、こだわり商品のお店

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 

でも、その一方で、「カードを導入しても売上が上がらない店が多い」
のをご存じでしょうか?

 
簡単に言えば、「ポイントがたまりにくいお店」の場合には、「割引券」と
しての魅力がありません。

もし、あなたがつぎの条件に当てはまるお店なら、「割引券」という
使いかたをやめてください。
 
1)「月に1-2回」、あるいはそれ以上に「利用間隔があいてしまうお店」、
2) 「利用頻度の低いお店」
3)ご利用店舗数が少ないお店
 
 
お客様には、喜ばれるサービスですが、この場合には、「利益を減らす」
だけになってしまいます。
それゆえに、できるだけ、「カードを安く作りたい」ということになります。
 
-------------------------------------------------------------------
 
でも、「ポイントがたまりにくいお店」の場合には、どうしたらいいんでしょうか?
 
この続きは

売上が上がるカードの作り方 (奥義編)をご覧ください。

  (奥義編)は、こちらです

そんなお店にぴったりの使いかたをご紹介しています。

--------------------------------------------------------------------
 
さて、「カード」を作るときには、まず、2つのことをご理解ください。
 
(1)「カード」は、 一度、ご来店いただいたお客様に、つぎの来店
   機会をおつくりするためのものです。

(2)新規のお客様をつくるためのものでは、ありません。
 
意外と、わかっているようで、うっかりそのことを混同されています。
 
「カード」は、店頭でおすすめすることになりますので、
一度は、気に入ってご来店いただいたお客様が対象になります。

----------------------------------------------------------------------

新規のお客様の獲得をされるなら、「割引券」や「無料チケット」などを
 折り込みチラシや
フリーペーパーなどにつけることになります。
HPや割引サイトを使う方法でも、同様です。
お店の場所も知らないお客様が対象になります。
 
もちろん「割引券」、「サービスチケット」と呼ばれている、
「新規のお客様向けのカード」もお作りさせていただきますので、
よろしければ、ご相談ください。。
 
(完)

■■■■ こちらのサイトもお役にたちます。■■■■

   「究極のカード作成テクニック み・つ・きの法則」  へ

   「売上アップができるカードの作り方 (奥義編)」 へ
  
   
「売上アップができるお店のヒミツ」へ戻る
 
   「売上アップができないお店」へ 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  
    

       プラスチックカード Q&A へ戻る 



  oooooooooooooooooooooooooooooooooo

  パソコンレジ オプシーは、「エコな販促」を応援しています。

  oooooooooooooooooooooooooooooooooo




メンバーズカード・会員カードをつくるなら 
  IDカード・ラボ

   
http://www.idcard.jp

 
  バーコード ピッピ  
 
「売上と同時に、顧客管理ができるレジスター」 

  パソコンをレジスターとして使います。

   
http://bit.ly/9Y09He

 リピーター様を増やす「3ポイントカード」を販売しています。
  売上アップができる ハッピーカードショップ
 
   http://happycard.shop-pro.jp/


author:ミスター, category:売上アップができるカード活用術, 17:23
-, trackbacks(0), - -
Trackback
url: http://enjoycard.jugem.jp/trackback/47